ファンデーション

ベアプロ リキッド ファンデーション

ミネラル×ハイカバー
肌悩み*も、つけていることを忘れる24時間**

ベアプロ リキッド ファンデーション(SPF20・PA++)

*メイク効果による**24時間化粧もちデータ取得(Essex Testin Clinic,Inc.調べ。
効果には個人差があります。)

ベアプロとは

持続力やパワフルなメイク効果など、高機能であり
ながら、軽やかさとやさしさも叶えるシリーズ

ABOUT 商品の特徴

  • 年齢サインや肌悩みをひと塗りでハイカバー。素肌に近いナチュラルマット肌へ。
  • ミネラルと植物エキスをブレンドしたやすらぎフォーミュラ。
  • しなやかでフィット感にすぐれた、軽やかなつけ心地。
  • つけたての美しさを24時間※1キープ。

※1 24時間化粧もちデータ取得(Essex Testin Clinic,Inc.調べ。効果には個人差があります。)

笑顔がうまれる3つの理由

1. ひと塗りでハイカバー

竹から抽出したなめらかな微粒子パウダー※2が、毛穴の開きや年齢ラインなどが目立たない、スムーズで明るい印象の肌へ。

2. 24時間※1持続

ミネラルを保湿成分でコーティングしたミネラルロックTMテクノロジーで、高いフィット感が長時間持続。

3. やすらぎフォーミュラ

つけている間中、肌も気持ちも安心感に包まれます。
パパイヤ※3をはじめとしたスキンケア効果のある植物エキスとミネラルをブレンド。

※1 24時間化粧もちデータ取得(Essex Testin Clinic,Inc.調べ。効果には個人差があります。)

※2 バンブサアルンジナセア茎エキス

※3 パパイヤ酵素(パパイン)[整肌成分]

SHADES カラーチャート

ピンク〜オークルのカラーチャート

FAIR

フェア 01
ピンク系の明るい肌色
シャンパン 03
赤みを抑えた明るい肌色
アスペン 04
ピンクオークル系のやや明るい肌色

LIGHT

カシミヤ 06
ピンクオークル系の肌色
ウォームライト 07
黄味と赤味のバランスがとれた
標準的な肌色
ゴールデンアイポリー 08
赤味を抑えた肌色

MEDIUM

ナチュラル 11
ピンクオークル系の健康的な肌色
サンダルウッド 15
オークル系の健康的な肌色

TAN

キャメル 17
赤味を抑えた健康的な肌色
ハニカム 20
赤味を抑えた小麦色

HOW TO ファンデーションの使い方

1.5〜2プッシュを手元に出し、1/3の量をリュクス パフォーマンス ブラシの斜めの面に含ませます。

頬からフェイスラインに向かって、扇状にブラシをすべらすように動かして、ファンデーションを全体に広げます。次にまた1/3を含ませ、残りのパーツも同じように仕上げます。

※イラストのように、顔をA、B、Cの3ブロックに分け、各ブロック 1/3の量を目安にブロックごとに塗布するのがポイントです。

ブラシはペンを持つように握ると動かしやすくて◎。
部分的にカバー力が欲しいところにはブラシでタッピングするように重ねてなじませます。
あごから頬骨の方向にブラシでタッピングすることでリフトアップした印象に仕上がります。

RECOMMENDATION さらなる美しさのための、おすすめアイテム

LUXE PERFORMANCE BRUSH
リュクス パフォーマンス ブラシ
3,500円(税抜)
PRIME TIME FOUNDATION PRIMER
ベアミネラル プライム タイム
(メイクアップベース)
4,000円(税抜)
MINERAL VEIL
ベアミネラル ミネラルベール
(L) 3,500円(税抜)
(M)2,500円(税抜)
*オンラインショップ限定
  • bare beauty life
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube
  • @cosme

ミネラルファンデーションのパイオニア ベアミネラルとは?

ベアミネラルは、エッセンシャルオイルなど自然派コスメを扱う店舗をサンフランシスコにオープンし、ミネラルファンデーションが”スキンケアのようなファンデーション”
として人気が広まり、アメリカ全化粧品ブランドの中で、ファンデーション売り上げNo.1*に。
その後、ミネラルファンデーションを中心に厳選されたミネラルを独自の製法で様々なメイク製品に活かしたミネラルトータルビューティブランドとして世界中の女性に
愛されています。お肌への負担を最小限に抑えて、しっかりカバー力のあるのがベアミネラルのミネラルファンデーションの特長です。

* NPOグループ及びIR社インフォスキャン調べ
米国における2007年度ファンデーション及びパウダー小売売り上げに基づく。

ページのトップに戻る

ページのトップに戻る